総合グッドサービス

*

ミツバチって危険?

   


今回は童謡でもお馴染みの
ミツバチについて。

image

ミツバチはその名の通り、花の蜜や花粉を食べる蜂です。

よく目撃される働きバチはすべてメスで、オスは主に巣にいて特に何もしません(笑)
海外では、怠け者に例えられるそうです。

繁殖の要となる女王蜂は、働きバチの頭部から分泌されるローヤルゼリーのみを食べて成長した、繁殖能力を携えた特別なハチです。

ミツバチは刺すのか?
答えはyes!

しかし、余程のことがない限り人間を刺したりしません。なぜなら、1度刺す抜けなくなり、飛び立つ時にミツバチの内蔵まで引きちぎれて死んでしまうからです。

では、『余程のこと』とは具体的にどんな場合か。

それは、巣が襲われた時
この時ばかりは命懸けで攻撃し、守ろうとする本能が目覚めます。

刺さないなら駆除は要らない?
スズメバチやアシナガバチなどと違い、捕食せずに花の蜜だけを集めるミツバチ。

巣に近付くと危険なら、そのまま放置しておきたいものです。

しかし、見付けたらすぐ巣を撤去してください!

巣からは大量のが滴り落ちます。その蜜にクロアリが群がり大変なことになります。
一度群がってしまうと、巣を撤去し駆除、消毒と二次被害にあってしまいます。

また、クロアリ被害だけではなくミツバチを餌とする者も寄り付きます。

代表的なのはスズメバチ
同じハチなのに…と思うかも知れませんが、ミツバチとスズメバチはまったくの別物です。スズメバチは昆虫などを捕食するハンターです!
image

餌の確保がしやすい場所に巣を作るのは、自然界では鉄則であり、ごく当たり前のことです。

たかがミツバチ。されどミツバチ。

最近、家の壁などに頻繁にミツバチがついているなぁ~と思ったら、一度点検してみてください。

スズメバチのジーンズは真夏!
対策はお早めに~!!


 - 未分類