総合グッドサービス

*

ゴミを自己搬入する際のポイントまとめ

   


ご自身で処分場に持ち込みされる方へ

 

青森清掃センター

自家用車を用いて、清掃センターへ自己搬入される方が増えたように思います。

以前の梨の木清掃工場にくらべ、悪臭が減り、建物も新しいためクリーンで親しみやすいんでしょうね(^^)

でも、一般の方が捨てたあとに気になる点がいくつかあるのでお話(お願い?)したいと思います。

 

燃えないゴミを捨てる際…

缶スプレーには必ず穴をあけましょう!

※もちろん、中身が入った状態での廃棄は厳禁です。

また、仕分けしにくいのですが、かなりの量の『燃えるゴミ』が混じっています。

事前に、分別について確認してから袋詰めしましょう!

 

燃えるゴミは…

なるべくゴミ袋にまとめて、荷下ろしの際にスムーズに作業できるようにしましょう!

自己搬入車の使える投入口は2つしかありません。

投入口で長い時間作業すると、後続車が渋滞し、清掃センター自体の効率がかなり悪くなります。

事前にしっかり分別し、係員に注意されないようにしましょう!

 

粗大ゴミは…

金具のついたものと、家具などの木のみでできているものは分けて積んで行きましょう!

というのは、同じ処分場内で捨てれますが、微妙に置く場所が離れているのです。

ごちゃごちゃに積んでいくと、処分場内を行ったり来たりして大変危険です!

意外と車の往来が激しいので、十分お気をつけ下さい!

資源ゴミはリサイクルへ!

段ボールや紙類、ビン等は清掃センターでは捨てれません!

捨てると叱られます!

入れ物がわりに使用していた段ボールは、最後ちゃんと拾って持ち帰り、町のリサイクルステーションなどを利用し、リサイクルに努めましょう!

最後に搬入する際のコツを…

処理場内の分別ヤードを考えて燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミを積み込んでください。

慣れると軽トラ山盛りイッパイを5分かからず下ろしてしまいます。

引っ越しや片付けなどで大量のゴミを処理場に搬入する際は、あらかじめ少量を搬入して、処理場内の雰囲気を掴んだ方がいいです。

 

係員の方もたくさんいるので、不明点は確認してください。

 

設備等の巻き込み事故や、車両事故にはくれぐれもご注意ください!

 


 - ゴミ処理